«

»

「まもるクンは呪われてしまった!」冥界活劇アレンジのコメントを掲載!

まもるクンは呪われてしまった!冥界活劇アレンジトラックス」 発売間近!

冥界アレンジバージョンにおいて、各ワールドBGMの編曲を担当したスーパースィープのアレンジャー7名による楽曲コメントを掲載致しました。   ぜひ、公開中の試聴曲 とあわせてご覧下さい。


江口 孝宏

  こんにちは、桜の古郷ワールドのBGMをアレンジさせて頂きました江口と申します、よろしくお願いします。 最高にキャッチーでエモーショナルな安井さんのまも呪サウンド! アレンジさせて頂き光栄です!!!!!!! オリジナルでは全体的にロック調のサウンドでしたので、アレンジでは少しテクノ寄りな雰囲気にしてみました。 原曲の良さを壊さないように心がけましたので、元の雰囲気も残りつつ楽しいアレンジになったと思います。 よろしくお願いします!

[MEIKAI ARRANGE VERSION] 担当楽曲 02. Blossom Shower (桜の古鄕ワールド・前半) 03. Lost Wind (桜の古鄕ワールド・後半)

 


坂本 昌一郎

  こんにちは、ボス曲・最終決戦1のアレンジを担当いたしました、坂本と申します。 「まもるクン」と言えば先輩の安井さんの代表作と言える存在で、テクニカルでキャッチー&ポップなFM音源サウンドが印象的です。 今回アレンジするに当たって、それを如何に”冥界活劇”なアレンジにするか。それはもう、俄然やる気満々に挑みました。 ボス曲などのバトル曲は個人的に得意分野でして、原曲の良さを活かしつつカッコ良いアレンジを目指しましたが、いかがでしょうか? 特に、最終決戦はプレイヤーの皆様も一層気合の入るシーンかと思いますが、アレンジを行う際は更にプレイを盛り上げる事を目指して、シナリオを綿密に確認したり何度もゲームをプレイして、それを基に「こういう雰囲気にアレンジしたらもっと映えませんか?」などとしつこく安井さんに提案しました。 元々は私がアレンジする予定ではなかったのですが、「どうしてもやりたい!」とお願いしまして、担当することとなりました。 その気合と思い入れの成果は、ぜひぜひCDでお聴きくださいませ! それでは私のアレンジを含め、末永く「まもるクンは呪われてしまった!冥界活劇アレンジトラックス」をお楽しみ頂けますと幸いです!!

[MEIKAI ARRANGE VERSION] 担当楽曲 05. The Curse (通常ボス・リベンジボス) 10. Mantra (最終決戦1)


小林 和博

まもるクンの原曲を聞いたときにまず思ったのは「懐かしい!」 曲調、フレーズ、音色・・・・どれも「まさにシューティング黄金時代」って感じ。 しかし、それ以上に僕がこの曲から感じたのは80年代初頭のテクノポップ。 まさに80年代初頭に現れた某3人組テクノポップグループが手がけたオリエンタルなテクノポップ路線。 そして、もうこの先は何も考えずに、原曲の指し示すままアレンジは導かれてゆきました。 気が付けば原曲の3連シャッフルビートは16ビートへと変貌をしておりました。 しかし、こういったポップで判りやすいメロディの曲はいいですね。アレンジしていても楽しかったです。

[MEIKAI ARRANGE VERSION] 担当楽曲 06. Great Tribulation (空中庭園ワールド)

 


谷口 輝雄

ハワイ旅行から戻ってから間もなく、アレンジを指定された曲は『Tropical Pirates』。南国寺院ワールドの曲ということで、アロハシャツを着たままの僕には、それ以外にない選曲でした。 しかし曲を聴いてみると、ド頭から沖縄音階。そして実際に該当ステージをプレイしてみれば、沖縄というよりもバリ島といった趣向のステージ。ここまでで、すでに個人的には『ハワイアン→オキナワン→バリアン』という南国巡りをしている気分になり、そのうえさらにオリジナルは3拍子の3連符と、アレンジの方向性に迷う要素が多めで、出だしから方向性を見失いかけます。 いくつかのアレンジパターンを試している中で、「今回のアレンジバージョンはゲーム中に実際に使用されるのだから、ゲームに合う形が一番良いだろう」と思い、常に南国寺院ワールドのプレイ動画を再生しながらアレンジ作業を進めていきました。 オリジナルの沖縄音階のフレーズが非常に印象強く、何度か沖縄に引き返しそうになりながらも、『まもるクン』の、どこか懐かしさを感じさせるゲームの印象に引っ張られ、沖縄とはまた別の場所に辿り着いた気がしています。 最期に、まもるクンを愛して下さっている皆様へ感謝を込めて、 アロハ(ハワイ楽しかった)

[MEIKAI ARRANGE VERSION] 担当楽曲 07. Tropical Pirates (南国寺院ワールド)

 


佐宗 綾子

皆様こんにちは、今回1曲ですが参加させていただいております。 Karakuri Spiritsの担当だったわけですが、何が今回難しかったって、もう何バージョンもアレンジがある上で更にアレンジしないといけなかったことでしょうかね。 そういった意味で今まで出来た数々のアレンジの方向とかぶらないものにしないと面白くないよね?でもゲーム中にも合わないといけないよね?この安井コブシは最大限に生かさないといけないよね???とあれこれ考えた挙句、結局いつもの自分の手口といいますか、比較的ダンサブルなテクノ調に仕上がっちゃったわけなんですがいかがでしょうか? 他の曲も大変力の入った物揃いでかつ色々解釈の違いもあって面白いと思いますので、ぜひぜひまた新しいまものろの世界をご堪能いただければと思います!

[MEIKAI ARRANGE VERSION] 担当楽曲 08. Karakuri Spirits (からくり城ワールド)

 


門間-setzer-淳

こんにちは。1曲アレンジで参加させていただきました、門間-setzer-淳と申します。 今回アレンジを担当した楽曲「Superhero」は、まもるクン全楽曲の中で一番好きと言っていいほどカッコよく、なるべく原曲のカッコよさを損なわないように大きく崩さず原曲重視でアレンジしてみました。 よりバンドサウンドな感じを目指してみたのですが如何でしょうか? それにしてもこの曲、ゲーム中で聴く為には最終決戦・偽のルートでしか聴けないのですが…。こんないい曲(もちろん原曲の事です)が正規ルートで流れないなんてもったいない気もします(笑) それでは「まもるクンは呪われてしまった!冥界活劇アレンジトラックス」、どうぞよろしくお願い致します!

[MEIKAI ARRANGE VERSION] 担当楽曲 09,12. Superhero (最終決戦・偽)

 


安井 洋介

今回私がアレンジ担当をした”YO-KAI Disco”は、「まもるクン」楽曲の中で一番初めに作った曲でした。 当時はまだ冥界入口と空中庭園のワールドがある程度動いていた程度で、ストーリーやキャラ設定なども漠然とした状態からの手探りなスタートだったのですが、どこか懐かしい任意スクロールのアクションゲームに、独特のキャラクター感・和風のテイストといったヒントを元に、『日本人の琴線にふれ、何度聞いても飽きのこない、キャッチーでノリノリな曲』を目指しました。 あーでもないこーでもないと試行錯誤していた、当時の日常の景色をよく覚えています。   さて2008年夏のアーケード版リリースから、はや3年の月日が経とうとしています。 幸いにも今回はVOCALOID Editionという新たなバージョンを皆様にお聞かせできる機会を頂けましたので、また違った面からも楽しんで頂ければ嬉しい限りです。 また新たな”まものろ”があるとすれば、今度はどんな曲にしようかな♪

[MEIKAI ARRANGE VERSION] 担当楽曲 01, 04. YO-KAI Disco (冥界入口ワールド) 11. Ultimate Terror (最終決戦2) ※新曲


「まもるクンは呪われてしまった!冥界活劇アレンジトラックス」

ご購入は SweepRecord SHOP コチラ!

※VOCALOIDはヤマハ株式会社の登録商標です。

Karakuri Spirits [MEIKAI ARRANGE VERSION] (からくり城ワールド)